消費者金融から勤務先に在籍確認の電話はある?

消費者金融から勤務先に在籍確認の電話はあるのでしょうか?

 
消費者金融のカードローンで借り入れをする際には、勤務先への「在籍確認」を回避することは出来ません。
どの消費者金融でもしっかりと在籍確認は行われますので、「在籍確認のない消費者金融はないだろうか」と探しても見つかるわけではありません。

(もし在籍確認をしないという金融があれば、その会社は怪しいと考えてよいでしょう。最初は良いかもしれませんが、あとでとんでもない利息を請求されるかもしれません)

そもそも在籍確認とはなんでしょうか?

在籍確認とは、申込みの際に個人の情報とは別に勤務先の情報を入力しますが、そこに記した職場に実際に勤務しているかを調べるためのものです。
勤務先に直接電話をかけて、入力された勤め先や会社に偽りがないかを調べることになります。以前は虚偽の申請をして、無職だったり会社を辞めたばかりなのに、住所や職業を書き込んで融資を受けようとする人が実際にいたので、それを防ぐために在籍確認が必要になったんです。

消費者金融から勤務先に電話があると借金がバレるのでは?

やはりこのように不安に思う人は少なからずいらっしゃいます。ですが、消費者金融側も利用者のためにサービスをしていますから、勤務先にバレないような配慮をしっかりとしてくれます。消費者金融を名乗ることは決して無く、担当オペレーターの個人名で電話をかけてくれます。電話のかけ方としてはまるで取引先の会社からのように。

 

また、電話をかけてくる時間帯を指定できたりもします。もし、申込みをされたご自身が電話に出れるタイミングがあればその時間帯に在籍確認の電話をかけてもらうことができます。さらには、電話をかけてくる担当者の性別をご自身の都合の良いほうに変更することも可能のようです。男性からかかってきたほうが怪しまれることがない方や、逆に女性からかかってきたほうが問題ない場合もあるかもしれません。

 

消費者金融も利用してくれるお客さんにできるだけ安全にお金を融資したいので、在籍確認の電話に関してはしっかり配慮してくれます。ですのでそんなに心配せずに、相談するようにしてみましょう。

個人事業主や自営業の場合は電話はどうなるのでしょう?

個人事業主や自営業の方の在籍確認は、店舗や会社を構えている場合なら電話があるでしょうからどなたかが電話を受けますから大丈夫だと思いますが、個人事務所など携帯電話しか無いという方もいらっしゃるかもしれません。どうしても在籍確認の電話確認がでできないという場合は、確定申告書やなんらかの収入証明書などの書類で営業実態があるかどうかを調べることもあるそうです。

「WEB完結で勤務先に電話をしません」という広告を見かけますが?

最近ではインターネット申込みが充実してきています。そんな中でネットのみで手続きが完了する「WEB完結」といった消費者金融も増えてきています。それにはいくつかの条件が必要になってきます。社会保険など、国民健康保険以外の保険に加入しているかどうか、社員証があるかどうか、これらはいずれも正社員であることが前提です。さらにはその消費者金融が提携している銀行の口座を持っているのが大前提としてあります。電話で確認をしなくても、在籍確認が可能と判断しているからです。