土日・祝日にお金を借りるには自動契約機を使う理由

土日・祝日にお金を借りるには自動契約機を使う理由とは?

 
最近の消費者金融は、土日でも審査を実行してくれます。
審査に必要な信用情報機関は、土日でも稼働しているためです。

もちろん祝日も同じです。

 

また、在籍確認も職場への電話確認ではなく、モビットのWEB完結のように健康保険証などで確認していることが増えています。

 

そのため、在籍確認ができないから、実際の契約は後日になるという事は少なくなりました。

 

契約などに必要な運転免許証を持っていれば、土日・祝日であっても契約手続をすることができます。

 

つまり、土日・祝日であっても現金が急に必要になったら消費者金融に申し込みをして、そのままキャッシングをすることができるのです。

 

しかし、これには前提条件があります。

 

自動契約機を利用することです。

 

例えば大手消費者金融のプロミスでは、自動契約機を土日でも午後9時から夜の10時まで稼働させています。

 

土日休みの人は平日にプロミスなどの店舗に行くことはできません。

 

しかし自動契約機が開いていれば、土日・祝日でも申込もできるし審査も可能です。

 

そうすることでお金を借りることができるのです。

 

これは、プロミスに限らずアコムやモビットでも同じです。

 

自動契約機は、近くの有人店舗や集中管理センターとつながっています。

 

実際に自動契約機で契約をすると、そこにいる担当者の方と電話で話をしながら契約を進めていくのです。

 

有人店舗は土日・祝日にはオープンしていませんが、集中管理センターは土日・祝日も営業しています。

 

当然、そこには消費者金融の担当者の方がいらっしゃいますから、平日とまったく同じ体制で契約手続が可能です。

 

土日のデートに急にお金が足らなくなってきたという非常事態にも消費者金融を利用すれば対処可能です。

 

ただし、ネットから申し込みだけ完了させていれば最近では土日関係なく最短10秒で振り込み融資をしてくれるので、あまり自動契約機に出向く必要もなくなったともいえます。